アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

虎!32勝27敗2分

2019.06.10 Monday


■2019/6/9 試合結果

対日ハム 3回戦 甲子園

日 | 0 0 1 0 0 2 0 0 0 | 3
神 | 0 0 0 1 0 0 2 0 1x | 4

勝:藤川4勝0敗0S
敗:秋吉0勝2敗12S
HR:大田ツーラン11号
日ハム:上原 - 公文 - ロドリゲス - 宮西 - 石川直 - 秋吉
阪神:ガルシア - 島本 - 守屋 - 藤川

──────────
“感動の必死のグッチ“

まるで筋書きのあったドラマのように、運命の糸に引かれるようなさよなら劇を演じてくれました!

虎の先発ガルシア君は立ち上がりから制球に苦しみ、ランナーを出すも粘りのピッチングで初回を無失点に抑えていましたが、3回表にアンラッキーなヒットから味方のミスで1点を先制されてしまいます。
4回裏、ここまでファイターズ先発投手に抑えられていた猛虎打線でしたが、
糸原君のチーム初ヒットが出てチャンスを作ると4番大山君が同点のセンター前タイムリーヒットを決めて試合を振り出しに戻します。
6回表、2番手島本君が捕まり一発を浴びて2失点、差を広げられてしまいます。好機を作り流れを持ってきたい猛虎打線は7回裏、先頭打者のマルテ君が
安打で出塁すると6番梅野君がレフト線ツーベースヒットを放ち二死2・3塁
のチャンスで7番高山君の内野ゴロの間にマルテ君が生還!1点差に詰め寄る
と2塁ランナー梅野君が果敢に3塁へ盗塁を試みると、キャッチャーの3塁へ
送球が大きく逸れてその間に梅野君が同点のホームイン!猛虎打線の勢いは
止まりません。同点のまま最終回ツーアウトから7番高山君がセンター前でチャンスを作ると8番北條君がライト前ヒットで繋ぎ二死1・3塁!一打サヨナラのチャンスに矢野監督は代打原口君を送り込みます。
甲子園でのこの日を待っていた虎ファンの大声援の中、原口君が捉えた打球はセ
ンター前へ!劇的サヨナラタイムリーを決めてチームと甲子園の虎ファンの歓喜が響き、粘りの攻撃で勝利を掴みました!

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★★☆
必死のグッチの復活に、一番感動していたのは我ら虎党ではなく演出をした監督自身でございました。
ありがとう、原口。猛虎が劇的な勝利で同一カード3連敗を阻止しました。
大腸がんから1軍に復帰し、最高の形で甲子園のお立ち台に上がった原口君
9回2死から高山、北條がつないで最後は原口がサヨナラ打という筋書きのないドラマ。昨季は2軍監督として苦しんだ高山君や北條君を見てきただけに、その件でマイクを向けられた指揮官は数秒間の沈黙の後、真っ赤な目に涙が盛り上がりあふれ出ていましたね。
相手チームの指揮官である栗山監督も形振り構わず感情を表に出す監督です。
現役時代からマスクをかぶっていただけに、カメラに映る監督が目立って感じているのは虎党も皆同じでしょう。
決死の走塁や苦しんでいた男たちの意地。そして甲子園に帰還した男のサヨナラ打。信じられないストーリーのエンディングは矢野監督の男泣きでした。
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★☆




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:原口 文仁捕手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年05月11日


場所: 上富田運動公園野球場

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other