アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

虎サヨナラ四連敗(-.-;)

2006.04.21 Friday



■2006/4/21 試合結果対巨人 1回戦 東京ドーム

神|000 000 010 01|2
巨|000 001 000 02x|3
勝:福田3勝0敗0S
敗:久保田0勝2敗3S
HR:イ・スンヨプ ツーラン5号
神:井川-藤川-久保田巨:上原-林-福田

――――――
伝統の一戦本年第一ラウンドは両チームのエースの素晴らしい投げ合いとなりました。
結果は李選手のサヨナラ本塁打で惜敗となりましたが、まあこんな試合もしょうがないでしょう(-.-;)
久保田君はいい球を投げました。打った李選手が素晴らしい!次回は必ずや仕留めてくれることでしょう(^_^)v
負け試合には必ず原因ありとの格言にならってあえて敗因をあげれば、スペンサー君の投入でしょうか!何故濱ちゃんに交代させたのか〜まだ試合感覚が戻らない、一点を失ったらサヨナラ負けの9回からの投入采配は?です。守備ガタメも考えればまずは豊君を守備につかせるべきでは?
11回健太郎君のヒットで逆点しましたが、その前の矢野君死球の後スペンサー君は平凡なライトフライ!無理もありませんまだ実戦ノーヒットですし、犠打の練習すらしてないでしょう〜ここでもし犠打又は進塁打などを警戒させる結果を残して、ワンアウト二塁打者赤星君という優位な攻撃をすれば、次の関本君のタイムリーで勝ち越しかつランナーは二、三塁となり、前進守備を解けないG守備体系に対するはシーツ先生と金本兄貴で追加点が取れたのでは!
新人福田投手から一点しか追加できなかった事を敗因にあげさせていただきます。

巨人は今年初めてじっくりテレビ観戦しましたが、確かに李選手は別格です。がしかしその他の選手は力を命一杯フルに出しきって飛ばしているイメージがありますね〜今が強さのピークで、必ず息切れ失速してくると思います。

写真はもちろんタイムリーの健太郎君(^_^)v絶好調ですな!

本日ドーム生観戦のアナフレ猛虎会金本親衛隊長のリポートです(^o^)/
『今シーズン、サヨナラ負け見るのこれで二度めですよ〜(:_;)
両チームとも、ヒット数の割には点が入らない試合でしたねー
アジアの大砲に脱帽(ノ゜O゜)ノ
実は人生初めての東京ドーム観戦&対巨人戦観戦でしたf^_^;
暗い雰囲気の中にも、藤川投手の調子が復活したかな、と感じられたことは嬉しい発見でした。
しかし、今年の巨人ナインには小坂選手やイスンヨプ選手など、去年の覇者・ロッテの面々が活躍してるのが巨人らしいな〜と…f^_^;』

お疲れ様でした!次回はドームで勝利の六甲颪を共に唄おうではありませんか(^o^)/


☆頑張れ阪神タイガース☆

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://anafremoukokai.tblog.jp/trackback/83768

トラックバック

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other